がん治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

治療方針

方針イメージ

【がん予防、がん補助療法、がん細胞免疫療法、がん治療】

点滴療法治療は、認定医が研究会のプロトコールに基づいて施行致します。

免疫とは

 私たちの体の中で、細菌やウィルスなど異物と認識されたものを体は異物とし侵入を防いだり排除して体を守る抵抗力が備わっています。この仕組みを免疫といいます。

 免疫で中心的な役割を果たすのが、血液の中にある免疫細胞の1つである白血球です。白血球と白血球に異物の情報を伝えるのが樹状細胞と称し免疫細胞と呼びます。

免疫療法とは

 免疫療法は、免疫本来の力を回復させてがん治療をする方法です。

私たちの体では、がん細胞を免疫により異物として判断し排除する力を持っています。しかし免疫が弱まったり、がん細胞が免疫から逃れる術を身につけて免疫にブレーキをかけることで免疫が弱まったりすることで、がん細胞を異物として排除しきれないことがあります。免疫療法は、私たちの体の免疫を強めることにより、がん細胞を排除し本来の免疫力を高める治療法です。


免疫細胞療法

マクロファージ療法 

初乳MAF

初乳MAFとは 治療効果 費用 

初乳MAFとは

免疫成分を豊富に含んだ初乳から製造した食品で免疫力を高めます。免疫成分として、IgG,IgA,IgMの免疫グロブリンが豊富に含まれています。ラクトフェリン、ミネラル、ビタミンなども豊富に含まれています。

治療効果

免疫力向上・風邪やインフルエンザの予防、ロタウィルスなどの感染症予防、腸の修復作用、筋力や体力の増強効果、アンチエイジング効果

    

NK細胞療法

NK細胞療法とは  検査方法 治療方法 治療効果 副作用 費用

NK細胞療法とは

免疫細胞であるNK細胞はリンパ球の一種でウィルスに感染した細胞やがん細胞に結合して殺傷する役割をになっています。がん患者様は健康な人を比較するとNK活性が低下している傾向があります。NK細胞療法は、NK細胞を主に高活性化培養し、点滴で体内に戻します。

検査方法 治療方法

治療は血液50ccほどを採血しその後2週間かけて、無菌状態に保たれた最先端の培養施設で、熟練の培養技師が培養、活性化し、NK細胞を数百から数千倍を目安に増やします。それを点滴で患者様に戻します。

がん遺伝子治療

がん遺伝子治療とは 検査方法 治療方法 治療効果 副作用 費用

がん遺伝子治療とは

健康な細胞は通常、ダメージを受けても自己修復したりアポトーシス(自死)できると考えられていますが、うまく修復できないと遺伝子に変異が生じます。がんは、遺伝子の変異によって正常な細胞分裂や周期のコントロールが失われ、無限に増殖を繰り返してしまうことで発症する病気です。がん遺伝子治療は、正常な「がん抑制遺伝子」を体内に入れることにより、がんの死滅や遺伝子の正常化を促すことを目指した治療法です。

  

樹状細胞療法

樹状細胞療法とは 検査方法 治療方法 治療効果 副作用 費用

樹状細胞療法とは

患者様の血中のメモリー情報をもとにがん抗原(ペプチド)の変化を予測し、最も効果が期待できるペプチドワクチンを分子標的樹状細胞に搭載する治療法です。

検査方法 治療方法

常に変化し続けるがん細胞の抗原(ペプチド)に対応するために、治療時の患者様に最も適したペプチドを検査により識別し、がんの治療を克服する画期的な治療法です。 


高濃度ビタミンC点滴療法

サプリメント療法

がん補助療法

温熱療法

温熱療法とは 治療効果

温熱療法とは

体内組織の深部に熱を加え温熱効果による基礎代謝・免疫力アップをはかります。

治療効果

深部加温➡体温上昇➡血流良好➡基礎代謝・免疫力アップ➡➡➡痛みの緩和・改善


検査

【診療内容】

循環がん細胞検査CTC

がんの再発と転移の予防、治療の判定のがん幹細胞検査

循環がん細胞検査CTCとは  検査方法 治療方法 治療効果 副作用 費用

循環がん細胞検査CTCとは

がん細胞の中の循環腫瘍細胞と循環幹細胞を測定し他の部位や臓器に転移したり、細胞増殖し症状を再発させている循環腫瘍細胞を調べる検査です。

検査方法

血液検査1回20ml

検査にかかる期間

約3週間

治療方法

CTCが検出された場合➡個別化治療に最適な総合検査➡

天然成分での治療あるいは再発/転移を促す遺伝子の発現を阻害する製剤での治療

➡フォローアップ

治療効果

がんの塊1.5mm以上になると血液中にがん細胞が巡ります。がん治療に求められる個別化医療を実現する最新の検査です。

現在血液中に流れているがん細胞をリアルタイムに把握します。

血液中のがん細胞を知る事により悪性度、予後を把握します。

手術後に目に見えないがん細胞が残っているかどうか把握します。

腫瘍マーカーが追えない時画像でがんの状態がわからない時に、治療前後の循環がん細胞数を比較することで治療の効果判定をする事ができます。

がん細胞の特徴を遺伝子分析でみる

的確な抗がん剤の感受性を知る事ができます。

費用

お問い合わせ下さい。

当院のがん治療は、標準治療(がんの摘出手術、抗がん剤の投与、分子標的製剤の投与、放射線治療)との

併用が副作用なく行えます。

がんの局所治療と免疫療法、補助療法を組合わせた個別化医療をご提案しています。

詳細内容は、直接お問い合わせ下さい。

電話:046-874-5801

E-mail:lhawclinic@gmail.com

治療の流れについて

  • 問診

    現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。
  • カウンセリング

  • ご希望を伺い治療内容のご説明をします。
  • 治療計画の立案

  • 医師が治療計画、方針をご説明します。
  • 治療

  • 治療開始します。
  • *病院の検査データ、治療歴等、初診時にご持参下さい。

よくあるお問い合わせ(FAQ)