総合内科/内科全般/生活習慣病・糖尿病・高血圧症・脂質異常症・肥満・心疾患・脳血管疾患

このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病内科


糖尿病の予防から治療まで皆様が安心して診療を受けられるよう糖尿病に関する専門知識と診療能力を持った医師が対応致します。
糖尿病は、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンは、栄養素の新陳代謝に大きな役割を果たしていますが、エネルギーとして使用される糖質の代謝では特に主役を担っています。
糖尿病は、そのインスリンの作用不足によって高血糖(血液中のブドウ糖濃度が高い状態)を来たし、それによる様々な合併症を引き起こす病気です。
ひとまとめに糖尿病といっても、原因や合併症、重症度等違います。合併症としては、網膜症・腎症・神経障害・脳卒中・心筋梗塞・下肢閉塞性動脈硬化症などど多岐にわたります。
このような予防から診断、その生活のケアを土台にした薬物療法などによる治療まで患者さんの日常管理をするためには、専門的な知識と診療能力が必要です。


糖尿病は、無症状の事が多いので症状がなくても
下記のような症状があれば要注意です。✔早めにご相談ください。
▢のどがとても渇く
▢水分摂取量、トイレの回数が増えた
▢体重減少
▢足がつる、手足がしびれる、ピリピリする
・・・・・・・・・・
▢メタボリックシンドローム・肥満▢
次にような症状があれば要注意です。✔早めにご相談ください。
▢1年間で体重が増えた(3~5Kg)
▢20歳の時から体重が増えている(10kg以上)
▢最近お腹周りが気になる。洋服が入らない。
▢いびきをよくかく。
▢昼間眠気に襲われる。ふとした時に居眠りをしてしまう。
▢熟睡していない気がする。
▢BMI25以上。高血圧。コレステロール異常。糖尿病。脂肪肝等症状がある。
各種検査後、オーダーメイド治療を行います。血糖値の変化のみならず、合併症を未然に防ぐ事を目標として
医師の経験と実績から個人の患者様に合った治療を行います。合併症、目(網膜症)、腎臓(腎症)、神経、
心臓(心筋梗塞、狭心症)、脳(脳梗塞)等、全身の血管合併症のご相談もお伺い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

循環器内科

血管の病気(動脈硬化)の原因となる高血圧、脂質異常症、肥満、禁煙の診療、指導も行います。

心疾患の病気を予測し迅速に治療が受けられるよう近隣の病院と連携しております。

健診で心臓の雑音や心電図、胸部X線写真、血圧、コレステロール等の異常を指摘された方はご相談下さい。

下記のような症状があれば要注意です。✔早めにご相談ください。

▢胸が痛い、しめつけられる、押されるなどの違和感を感じる

▢胸がどきどきする、脈が安定しない

▢少し動いただけでも息苦しい

▢足、手、顔がむくんでいる

▢少し歩くと足先が痛い、冷たい

▢血圧が140mmHg以上ある

▢コレステロール・中性脂肪が高いと指摘された

▢最近、急に太った

▢タバコをやめたいけれど、なかなか止められない

[循環器内科の主な疾患]

▢虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

▢不整脈

▢心臓弁膜症

▢心不全

▢閉塞性動脈硬化症

▢高血圧

▢脂質異常症

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥満症

肥満とは?

BMI(体重kg÷身長mの2乗)が25以上のものが「肥満」です。その肥満が原因で起こる病気があるか予想される場合が「肥満症」です。

肥満の種類には、単純性(原発性)肥満と二次性(症候性)肥満があります。

単純性(原発性)肥満:エネルギーの摂取と消費のバランス不均衡で起こります。9割以上の肥満。

二治性(症候性)肥満:内分泌の病気や薬剤が原因で起こる肥満。

二治性肥満

 1.内分泌性肥満

  (1)クッシング症候群

  (2)甲状腺機能低下症

  (3)多嚢胞性卵巣症候群

  (4)インスリノーマ

  (5)性腺機能低下症

  (6)偽性副甲状腺機能低下症

 2.遺伝性肥満(先天異常症候群)

 3.視床下部性肥満

 4.薬物(向精神薬、副腎皮質ホルモン)


当院では、オーダーメイド治療、維持サポート、再発予防に取り組んでいます。

ホームドクターとして患者様の一生涯の健康をお守り致します。


予約制なので定期的な来院にも待ち時間の心配がありません。来院時に次回のご予約をお取りします。

*初めて受診される方へ*
健康保険証を持参の上、ご来院下さい。
人間ドックや健診の結果報告書があれば、診察時にお見せ下さい。
他施設からの紹介状がなくても受診可能です。
電話で予約をして頂けましたら待ち時間が短くなります。

📞046-874-5801

【治療の流れについて】

〇問診           現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。

〇カウンセリング      カウンセラー、医師による診察

〇治療計画の立案      検査、治療方針の説明

〇治療           検査結果の説明、治療